1. ホーム
  2. 日本の唱に秘められたイスラエルの知恵
  3. 付録・詞に秘められた謎

『大漁唄い込み』のヘブライ語とは

函館港を題材として作曲され、民謡大会でも開幕の唄として頻繁に用いられている『出船音頭』では、「エッサ、エッサ」、「ホーイサ」という誰もが聞き慣れた囃子詞が唄われます。ヘブライ語にはyeshaya、イェシャ(yeshaya、イシャヤ)という「救い」を意味する言葉があります。この言葉をルーツとして、今日でもヨシュア、イエス、イサ等の人名が世界各国で使われ、名前そのものが「救い」、「救世主」を意味します。特に「イサ」はイスラム圏を中心として、イエスキリストの呼び名として用いられていることは注目に値します。その「イサ」、または「イッサ」が多少訛って「エッサ」になったのではないでしょうか。そして「ホーイサ」の「ホー」は、「栄光」を意味するホッド(ホッド)というヘブライ語でしょう。実際の発音では「ホー」と聞こえるため、2つの言葉を合わせて「ホーイサ」となります。つまり「ホーイサ」は「栄光イエスにあれ!」という信仰の叫び声だったのです。

さて、宮城県民謡の『大漁唄い込み』では、お馴染みの「エンヤー・ドット」という掛け声で唄が盛り上がります。これは皆で一緒に舟をこぐ場面で、互いに意気揚々と力を込めるような時に唄われる囃子詞です。「エンヤー」は既に解説したとおり、ヘブライ語で「神の泉」を意味しています。その語尾に「ドット」がつくのですが、この言葉の発音は掛け声としては不自然な響きがあり、何の理由もなく自然と形成された語尾とは考えにくいため、当初から意味のある言葉を語尾に付け足したと想定する方が自然です。するとヘブライ語で「愛されている者」を意味するドッド(ドッド)という言葉が浮上し、これが語尾になったと推測すれば、「エンヤー・ドット」は「愛されている者よ、神の泉だ!」という歓喜に溢れた感嘆詞になります。神が与えてくださった海や川、湖等の恵みの水に民衆が預かった時に、きっと感謝の意を込めて叫ぶ言葉として用いられたのでしょう。自らが神様から愛されている選民だ、という信仰告白の想いが秘められている、貴重な囃子詞の一つです。

『大漁唄い込み』には、他にもサーヨー、トーエー、アレワエー、ヨーイトナー等の囃子詞が含まれています。「サーヨー」は「知る」という意味で用いられるサアー(サアー)に、神を意味する「ヤー」が、語尾として「ヨー」と発音されるようになり、合わせて「神を知れ!」「神と交われ!」という意味を持つ言葉になった可能性があります。次に「トーエー」は、ヘブライ語のトーハー(トーハー)という「清められた」、「一掃した」の意味を持つ言葉そのものです。「大漁唄い込み」の歌詞では「寺もない、トーエー」と続くため、言葉の意味合いもぴったりです。また「アレワレー」は、「ヘブライ人の神」を意味します。ヘブライ語で神を意味する言葉は複数ありますが、特にエレ(エレ)、またはエル(エル)は神を意味する頭文字として頻繁に使われています。またヘブライ人はivri、イヴレー(ivri、イヴレー)と呼ばれ、「イワレー」という発音に聞こえます。この2つの言葉を合わせると、「エレ・イワレー」となり、それが「アレワレー」という「ヘブライ人の神」を意味する囃子詞になったと考えられます。そして「ヨーイトナー」は「ヨー」が神を意味し、それにイトナー(イトナー)という「定める」という意味の言葉が付け加えられ、「神の定め」、「神のご計画」という意味を持つようになったのです。