1. ホーム
  2. 日本の唱に秘められたイスラエルの知恵
  3. 日本語のルーツ

よいしょ!どっこいしょ!はヘブライ語の祈り

その語源が外国語に由来していながら、日本語と同様に日常的に使われるようになった言葉を『外来語』と言います。これらの外来語の中には古代日本の文化形成にユダヤ人が深く関わっていたことを立証するかのごとく、ヘブライ語のルーツが潜む言葉が多数あります。特に宗教的儀式、祭り行事に関わる言葉や囃子言葉、和歌や俳句などの詩の中にヘブライ語の影響を強く受けている言葉が多数あります。例えば「どっこいしょ」、「よいしょ」という、日本人なら誰もが知っている言葉を例に挙げて検証してみましょう。

「どけ!」、という言葉は日常の会話で時折耳にする言葉ですが、その派生語である「どける」は、邪魔な物を動かすという意味で使われる、「退(の)ける」が転じて「どける」になったと言われています。しかしこれだけの説明ではなにゆえ「のける」が「どける」に転じたかという説明に疑問が残ります。

ヘブライ語では「拒絶する」、または「退ける」ことをdokheh、ドケ(dokheh、ドケ)と言います。この単語の発音は厳密には「どへっ」となりますが、khの発音は喉を詰まらせて息を吐き出しながら発声するため、英語の表記からもわかるとおり、実際には「ドケッ」と聞こえます。発音と言葉の意味が日本語の「どけ」とほぼ同じであるだけに、この語源はヘブライ語である可能性が高いと考えられます。この「ドケ」の語尾が変化したdokhek、ドケ(dokhek、ドケ)の発音は「退ける」の「ドケ」とほとんど同じながらも、言葉の意味は「押す」となります。実はこのdokhek、ドケが「どっこいしょ」のルーツを解明する手がかりとなるのです。誰もが聴き慣れたどっこいしょという日本語は、力を入れたり、相手をさえぎって止めるときに発する掛け声ですが、たとえ日本語の意味が不明であっても、ヘブライ語では理窟にかなった大切な意味が含まれていたのです。その言葉の意味と、ルーツを見出すだけで、古代史の見方が一変します。

ヘブライ語で(yeshuah)「イェシュア」は「神の救い」を意味します。この言葉から「救い」に関連した類義語が多数生まれ、世界各地で使われるようになりました。例えばイエス・キリストのことを、新約聖書の原語であるギリシャ語では「イエスー」、アジア各地においては「イサ」と称するようになったのも、「イェシュア」というヘブライ語にルーツがあります。また日本語の医者という言葉も「癒す人」の意で、「救い」を意味する「イェシュ」が「イシャ」に転化したものです。これら2つのヘブライ語の「ドケ」と、神の救いを意味する「イェシュ」を付け足すと「ドケイシュ」となり、「神の御助けにより押す」という意味になります。すなわち「どっこいしょ」とはヘブライ語の「ドケイシュ」が訛った言葉であり、力を込めて押し、相手を倒すときに、神の助けを求めて叫ぶ、祈りの言葉だったと考えられます。

「どっこいしょ」と同様に「よいしょ」という掛け声にも神の救いを叫び求める意図が隠されています。「や」は神様の呼び名であり、「イェシュ」、「イシュ」は前述のとおり「救い」を意味するため、「ヤイシュ」とは「神の救い」の意味になります。それが何度となく叫ばれているうちに「よいしょ」に転化したと考えられます。すなわち「よいしょ」と掛け声をかけることも、神の救いを求める祈りの言葉だったのです。

このように私たちは知らないうちに、ヘブライ語を語源にもつ言葉を日本語として使っているのです。たとえその語源のもつ本来の意味が忘れ去られていようとも、いつの間にか神の救いを求める言葉を語っているように、長い年月を経て、ヘブライ語は日本語に溶け込み、そのルーツの一部として、今も脈々と息づいているのです。