1. ホーム
  2. イスラエル神宝と三種の神器
  3.  

イスラエルにも「三種の神器」が存在するか?

1981年、「レイダース失われた《聖櫃》(アーク)」という映画が世界的に大ヒットしました。この映画は、シナイ山頂で神がモーセに語った十戒を書き記した石の板が収蔵されている「契約の箱」の行方を探し求めるアドベンチャーの物語です。聖櫃とも呼ばれる「契約の箱」は紀元前7世紀ごろ、北イスラエル王国と南ユダ王国の崩壊と共に姿を消し、未だに発見されていません。歴史の謎に包まれた聖櫃であるだけに、その秘蔵場所を見出すために、これまで無数の人々が世界中を散策し、多くの物議を醸してきました。それほどまでに聖櫃と神宝は、イスラエルの歴史において注視され続け、特にユダヤ教やキリスト教の信者にとっては重要な意味を持っていました。

イスラエルの民は、生ける神の栄光を間近に目にしながら荒野を渡り歩き、約束されたカナンの地へと向かったことから、当時、神宝というものを必要としませんでした。唯一地上においては聖櫃とも呼ばれる契約の箱が存在し、幕屋と呼ばれるテントの様相をした聖なる場所の中心にある至聖所に置かれました。契約の箱の中にはモーセが携えてきた石の板2枚が納められており、箱の前には神の命に従って、アロンの杖とマナの壺が置かれていたと推測されます。こうしてイスラエルの民は、神の臨在を象徴する幕屋と共に、荒野を移動し続けたのです。

神がモーセと語り合っているという不思議な関係の中に民が導かれていただけに、神のみが聖なるお方であり、何か物が神聖化されるということはなかったのです。しかも神は律法を通して、人間の手で作った像を拝むことを厳しく禁じました。よって、イスラエルの民は古くから、神を心から信じて従うことを教わり、目で見えるものを神聖化することが、ことごとく排除されたのです。それ故、旧約聖書を読んでも、出エジプト記からイスラエル神殿がソロモンによって建てられるまで、神に捧げた金銀の器に関する記述はあるものの、神宝を拝するというコンセプトに合致するような記載は、どこにも見当たりません。

神の奇跡を成し遂げるアロンの杖

人間が礼拝する対象ではないものの、神ご自身がモーセに命じられ、大切に扱うことを示した物の事例は、旧約聖書に少なくとも3件記載されています。それらはすべて神の奇跡的な介入を伴うことから、一般の人が見ることも触ることもできないものばかりです。よって、古くから聖なる神宝とみなされていたに違いなく、イスラエルの歴史の中でも重要な位置づけを占めていました。中でも大切なのは、アロンの杖とマンナの壺、そして神ご自身が刻み記したと言われる2枚の石の板です。

アロンの杖は、モーセがエジプトのパロに対し、イスラエルの民を国外に去らせるようにと、お願いした際に使ったものです。既にモーセはシナイ山にて、杖を地に投げると、それが蛇に変わることを神から教わっていました。パロと対面した際でも、アロンに託された杖が投げられ、それは蛇になりました。また、その杖をもって、モーセがアロンに対し、「手を川の上、流れの上、池の上にさし伸べ、かえるをエジプトの地にのぼらせよ」と神の言葉を命じ、杖がさし伸べられると、エジプト全土の大勢の民と家畜にぶよの害が及んだのです。

旧約聖書の民数記17章には、その後、イスラエル12部族それぞれが杖を取り、部族の名前が杖に書かれたことが記されています。するとレビ族であるアロンの杖のみが翌日、「芽をふき、つぼみを出し、花が咲いて、あめんどうの実を結んでいた」のです。そして神はモーセに対し、その「アロンの杖を、あかしの箱の前に持ち帰り、そこに保存しなさい」と命じらました。こうして芽をふいたアロンの杖は聖櫃、すなわち契約の箱とも言われるあかしの箱に置かれることになり、後世の証とされたのです。ここで大事なポイントは、アロンの杖はあかしの箱の中に入れられたのではなく、あくまで箱の前にて保存され、人々へのしるしとして大切に保管されたということです。

神がおこす奇跡のシンボルとなったアロンの杖は、神ご自身の命令によって聖櫃のそばに保存されることとなりました。それは、神を信じない民が罰を受けて死なないようにするため、人々にとって「しるし」となるためでした。こうしてアロンの杖は、いつしかイスラエルの神宝として、契約の箱と共に大切にされたと考えられます。

マナの壺が神宝となった所以

エジプトを脱出した後、イスラエルの民は神が約束された土地に向かい、荒野を40年間、徒歩で旅することになります。その際、空腹を覚えた民に対し、天から与えられた食物が、マナと呼ばれるパンのような食べ物でした。そのマナを食べて、イスラエルの民は生き延びることができました。そしてカナンと呼ばれる約束の地にたどり着くまでの40年間、人々はそのマナを食べ続けたのです。

イスラエルの荒野から死海を望む
イスラエルの荒野から死海を望む
アロンの杖の時と同様に、神はマナについても、後世の民のために証として残しておくことを教えられました。神はモーセに対し、「子孫のためにたくわえておきなさい」と命じ、人々がエジプトから導き出された際に与えたパンを、証のために見せることができるようにしたのです。その神からの命に従って、モーセはアロンに対し、一つの壺をとり、マナをその中に入れて子孫のために蓄えることを指示しました。アロンは言われた通り、壺の中にマナを入れて「あかしの箱の前においてたくわえた」と、出エジプト記16章に記録されています。

あかしの箱、すなわち契約の箱は聖なる至聖所に置かれていることから、立ち入ることが厳しく制限され、神の祭司しか出入りできません。それ故、神から与えられた奇跡の食べもの、マナが契約の箱の前に置かれている、という事実が大事であり、祭司らはそれを証することにより、後世の民を励ましたと考えられます。旧約聖書に書かれている話は単なる物語ではなく、実際におきた出来事をつぶさに記録したものであり、その奇跡が実物の食べものとして保管されたのが、マナの壺だったのです。

神との契約が書かれた石の2枚板

アロンの杖、マナの壺は、あかしの箱の前に供えられましたが、もう一つの大切な神宝は、あかしの箱の中に納められることとなりました。それが、イスラエルの神宝の中でも最も大切な2枚の石板です。シナイ山に上ったモーセは、神の命に従って、2枚の石板を携えていました。その石板に、神ご自身が掟の言葉を書き記したのです。初めて書かれた石板は、イスラエルの民が罪を犯したことに怒ったモーセが投げ砕いてしまいました。そして2度目のチャンスが神から与えられ、再び、2枚の石板に神が書き記してくださったのです。

その際、神はモーセに木の箱を作ることも命じ、「おまえはそれをその箱におさめなければならない」(申命記10章2節)と語られました。その言葉に従い、モーセはアカシヤ材の箱をひとつ作り、石の板を保存する準備をしました。その後、モーセは神が命じるままに「あかしの板をとって箱に納め、さおを箱につけ、贖罪所を箱の上に置き、箱を幕屋に携えいれ、隔ての垂幕をかけて、あかしの箱を隠した」のです(出エジプト40章20-21節)。

ダビデの町
ダビデの町
ダビデ王のあと、ソロモン王が即位した際に、主の契約の箱、聖櫃がダビデの町シオンからエルサレム神殿までかつぎ上られることになりました。その際、主の箱と共に、「すべての聖なる器」も一緒にかつぎ上られたことが列王記8章に記されています。そして宮の本殿となる至聖所に主の箱は置かれました。その際、「箱の内には2つの石の板のほか何もなかった」ことが聖書に記されています。主の宮には多くの金銀からなる捧げ物が宝蔵されますが、ソロモンの時代、神宝としてあかしの箱の中に納められていたのは、モーセが収納した2枚の石板しかなかったことがわかります。

イスラエルに三種の神器はあったか?

ダビデ王がイスラエル神殿の建造を子のソロモンに託し、自らの余命がないことを悟った時、イスラエルのすべてのつかさ達が招集され、ソロモンを助けるように命じられました。そして共に神の宮を建て、「その家に主の契約の箱と神の聖なるもろもろの器を携え入れなさい」(歴上22章)とダビデは皆に命じました。この言葉からして、イスラエルの民にとって聖なるものは、聖櫃なる契約の箱と、神の宮に納められる聖なる器であったと想定されます。しかしながら聖書の記述の中には、マナの壺以外に神から指示された聖なる器に関する具体的な記述はありません。よって、ダビデ王が語ったことは、ダビデ王自らが神に捧げた様々な金銀の器のことを指していると考えられます(歴下5章)。聖書には神宝の種類が何種類あるとか、何が大切神宝であるとかいう言及がありません。

では、イスラエルには「3種の神器」は存在しなかったのでしょうか。イスラエル人の間では、そのような言葉自体が今日でもあまり知れ渡っていないようです。後述するとおり、アロンの杖とマナの壺はいつの間にか歴史の中に消え去っており、聖書や他の史書のどこにも、それらの行方についての記述が見られません。また、聖櫃なる契約の箱も、その中に収納されているはずの2枚の石の板と共に、北イスラエル王国が崩壊した直後、消え去ってしまうのです。それ故、無くなってしまった神宝について語り続けることもできないことから、いつしか神器そのものへの思いが、歴史の流れの中に埋もれてしまったのかもしれません。

しかしながら、「3種の神器」という言葉自体は普及してなくとも、確かに3種の特殊な神宝は存在したのです。その共通点はいずれも、神からの直接の命と奇跡によって定められたものと言えます。まず、アロンの杖とは、12部族の杖の中から神ご自身がレビ族の杖を選び、一夜で花を咲かせるという奇跡を成し遂げたことにより、あかしの箱の前に捧げられたものです。次にマナの壺には、神が天から与えた奇跡の食べものであるマナが入れられ、後世への証のために温存されたのです。最後に、モーセが携えてきた2枚の石板には、神ご自身が十戒を刻まれました。よってこれも大きな奇跡の結果だったのです。これら3種の聖なるものはすべて、神ご自身が命じた結果、残されたものであることから、特別視されるべきでしょう。だからこそ、新約聖書のへブル書には、契約の箱には「マナのはいっている金のつぼと、芽を出したアロンのつえと、契約の石板とがいれてあり、」と書かれているのです。そこにも3種の神器とは書かれていませんが、聖なるイスラエルの神器が3つあったことに違いありません。

これらを総合して考えると、少なくともイスラエルには、神が奇跡をもって用いられた3種の不思議な神宝が存在すると考えて間違いないようです。いずれも人知では計り知ることのできない超自然的な力の働きによって成し遂げられた奇跡が関わっています。それ故、イスラエルにも三種の神器があったと言っても、間違いにはならないでしょう。

契約の箱と消え去った神宝

日和佐秋祭り 神輿
日和佐秋祭り 神輿
聖櫃、あかしの箱とも呼ばれる契約の箱は、イスラエルの民が荒野を旅し、聖地エルサレムに辿り着くまでは、テントのように簡単に移動できる幕屋の中に置かれていました。契約の箱の側面には金属のリングが設けられ、移動する際にはこのリングに2本の長い木の棒を通して運ばれました。契約の箱が2本の木の棒によって担がれる外観は、ちょうど日本の祭りで用いられている御神輿に大変よく似ています。神の王座の象徴である契約の箱の中には、十戒の言葉が神によって彫られた2枚の石板が収納され、そこにはアロンの杖と金で鋳造されたマナの壺も置かれたのです。そして聖櫃のそばにはモーセ五書も常に置かれ、仮庵祭ではその巻物が朗読されました。

エルサレム神殿がダビデ王の子、ソロモン王によって建造された後、契約の箱はその「至聖所」と呼ばれる大祭司しか入ることの許されない最も神聖な場所に奉安されました。しかしながら、エルサレム神殿の至聖所に契約の箱を安置した時、既にアロンの杖とマナの壺は紛失していたのです。歴代誌下5章に、「箱の中には石の板二枚のほか、何もなかった。」と記載されているとおりです。アロンの杖とマナの壺は、歴史の中に埋もれてしまい、消えてしまったのでしょうか。おそらくダビデ王が亡くなられる前後から、ソロモン王がエルサレム神殿を建造するまでの間に失われたと想定されます。

エルサレム 嘆きの壁
エルサレム 嘆きの壁
ソロモンの時代以降、イスラエルの国家は分裂して北イスラエル王国と南ユダ王国の2国家となり、国力が衰えた結果、諸外国に脅かされるようになります。ソロモンの子であるレハベアムの時代では、すぐさまエジプトから攻め入れられ、聖書には「神殿の宝物と王の家の宝物がことごとく奪い去られた」と記されています(歴下12章)。南ユダ王国、アサ王の時代では、王自ら神殿の宝蔵と王の宮殿に残っている金銀をことごとくスリヤ王に献上したことが記録に残っています。こうして神殿からは次々と金や銀、その他の神に捧げられたものが消え去ってしまいました。そしていつしか神殿の中は荒れ果ててしまい、祭司が足を踏み入れることもなくなったような状況下が長年続きました。その途中、ヒゼキヤ王のように宗教改革を手掛け、信仰の機運を取り戻した時期もありましたが、最終的にバビロン帝国によって攻め入られ、神殿に保管されていた貨財や器の多くは没収された後、神殿は焼かれ、城壁は崩され、国家が滅びてしまったのです。

この一連の歴史の流れの中で、いつの間にか契約の箱は歴史から姿を消してしまいました。無論、遠い昔にはすでに、アロンの杖とマナの壺も紛失しています。これらの大切な神からの宝物は、いずこにあるのでしょうか。それとも破壊して捨てられてしまったのでしょうか。天地万物を造られた万軍の主の証である契約の箱だけに、壊されたり焼かれたりするとは到底考えられず、地球上のどこかに残されていると推測されます。

イスラエル神宝は日本にもたらされたか?

巡りめぐって、それらイスラエル神宝が日本に持ち込まれた可能性はあるのでしょうか。果たしてイスラエルの神宝は、皇室のシンボルでもあり、日本固有の神宝と考えられてきた「三種の神器」と関連しているとは考えられないでしょうか。十戒が刻まれた石板や、アロンの杖、マナの壺に代表されるイスラエル神宝の形状は、「八咫鏡」,「草薙剣」,そして「八尺瓊曲玉」に類似している点が多いことは注目に値します。

「八咫鏡」と「契約の石板」については、形状や材質は違うものの、薄い板状であることが類似しています。また、神の教えである十戒を彫った石の板は心の指針であり、「八咫鏡」も同様に自らの姿を見て、心さえも映すものであると考えられることから、共通点があるかもしれません。巷の噂によると、「八咫鏡」の裏にはヘブライ語で文字が書かれているとのことです。もしそれが本当ならば、何よりもそれがユダヤルーツの証拠となります。しかしながら「八咫鏡」に強い関心を持っておられた三笠宮殿下も、今や沈黙を保たれたままであることから、真相を解明することが難しくなりました。

アロンの杖に関しては、スサノオの神話と結び付いている可能性があります。八岐大蛇の神話は有名ですが、その背景には海賊船のような大陸からの船の来襲による戦いが存在した可能性があります。古代の海賊船は頻繁に日本列島に到来し、人々を誘拐し、モノを略奪していました。その外敵に立ち向かったのがスサノオであり、その戦いがいつしか神話化されたようです。そしてスサノオは海賊船との戦いに勝利し、その暁に、船内より後世において草薙剣とも呼ばれる不思議な刀を分捕りました。この霊力のある刀剣こそ、もしかするとアロンの杖だったのかもしれません。いずれにしても、歴史上、とても大切にされ、何かしら大陸文化の歴史に繋がる大事な刀剣であったと推測されることから、アロンの杖との関係においても推測はつきません。

次に日本の神宝「八尺瓊曲玉」と、イスラエルの民が40年もの間、荒野で旅をしていた時に、神が天から与えたマナという食べ物を入れた「金の壺」とを比較検討してみました。「金のつぼ」はマナを収納する容器ですが、それは神の救いの象徴という点において「八尺瓊曲玉」と共通しています。イスラエルの民は、神からマナを与えられることにより、飢えから救われ、生き延びることができたのです。よって、マナは神の救い、そのものであり、それを収納する「金のつぼ」は、神の御加護を象徴します。その意味において、曲玉を連ねた「八尺瓊曲玉」も同様に、神の救いにより頼む御守りの象徴であることは、注目に値します。

「八尺瓊曲玉」の形状については、「金の壺」の滑らかな曲線に類似点を見出すことができますが、むしろ、モーセがアロンに胸掛けを羽織らせた際、その中に入れたウリムとトンミムという小さな石に類似しているようです。イスラエルの祭司が神に近づき、神の答えを必要とする時、身に纏ったのがウリムとトンミムでした。ところがイスラエルの伝承によると、北イスラエル王国と南ユダ王国が滅びた頃、ちょうど時を同じくしてウリムとトンミムは用いられなくなりました。もしかして、それらは国外に持ち出され、日本において「八尺瓊曲玉」の基になったとは考えられないでしょうか。

三種の神器という考え方自体は、イスラエルの歴史を振り返ってみても、広くは普及したことはありませんでした。しかしながら日本における三種の神器と、モーセの時代から伝わるイスラエルの大切な宝を比較すると、その数は3種類あるだけでなく、その内容からしても類似点が多いことから、イスラエルにも三種の神器が存在したと考えても間違いではありません。いずれにしても、2国の神宝には共通点が多く、古代、歴史の流れの中で何等かの接点があったことが推測されます。

日本

三種の神器

  • 八咫鏡
  • 草薙剣
  • 曲玉

お神輿

イスラエル

契約の箱

三種の神器

  • 十戒の石版
  • アロンの杖
  • 金のつぼ