1. ホーム
  2. 日本の唱に秘められたイスラエルの知恵
  3. 神楽歌に秘められたヘブライルーツ

神座と神楽の謎

古今和歌集や和漢朗詠集に記載されている「君が代」や、日本古謡の「さくらさくら」等、一見日本語で書かれている詩が、実はヘブライ語でも読むことができることを解説してきました。実は、他にも同様の事例が多数あり、単なるこじつけではないことがわかります。結論から申しますと、日本書紀や古事記をはじめとして、神楽歌、古今和歌集など、多くの古代文献にはヘブライ語のルーツが秘められています。特に平安時代以降の作品の中には、日本語とヘブライ語が巧みにブレンドされ、どちらの言語でも意味が通じるというハイブリッドの文献として完成度を極めているものが見受けられます。それでは神楽歌の事例を検証してみましょう。

「神楽」の起源はさだかではありませんが、少なくとも平安時代まで遡ります。そのルーツは謡曲・三輪に「先ずは岩戸の其の始め、隠れし神を出ださんとて、八百万の神遊び、是ぞ神楽の始めなる」と書かれている通り、岩戸神話に登場する天宇津女命の歌舞にある、という説が一般的です。また、神楽という言葉の由来は神座(かむくら)であるとも言われています。神座は神がおられる神聖な場所を意味するため、その「かむくら」に向けて喜び歌い、歌と踊りをもって神に仕えることが、神楽歌の原型になったと考えられます。そしていつしか「神座」は、「神楽」とも呼ばれるようになりました。その訛りの理由はヘブライ語の意味を理解することで説明がつきます。

まず、「かむくら」の「かむ」はヘブライ語で立ち上がる、現れる、を意味するkum、カム(kum、カム)です。そしてKulah、クーラ(Kulah、クーラ)は「彼女のすべて」を意味します。すると、ふたつの言葉を合わせて「彼女の全身が現れる」という意味になります。これは岩戸神話に登場する天照大御神が、岩屋戸から出てくることに関連した表記であることに違いありません。定説では神座のルーツが岩戸神話にあるということですが、それが正しいことをヘブライ語による解釈で、決定づけることができます。また、「かむくら」の当て字としては、天照大御神が現れた聖なる岩戸の御座にちなんで、「神座」という漢字が当てられたと考えられ、漢字の意味も大事に取り扱われていることがわかります。

では、神座がいつしか神楽に代わり、読み方も「かぐら」となったのは何故でしょうか。それは神座から光明が射して人類に救いが訪れ、喜びに満ちた民衆が、その場で楽しみ踊ったからに他なりません。その裏づけとして、「かぐら」がヘブライ語で、「救いの確立」を意味することに注目です。「かぐら」は、ヘブライ語のkoom、カム(カム)に、「救い」、「購い」を意味するgaal、ガアル(gaal、ガアル)の名詞形、gulah、グラ(gulah、グラ)を合わせた言葉です。発音は「カ(ム)グラ」となり、言葉の意味は「救いの訪れ」です。つまり、神の御座である岩戸から天照大御神が表れ、人類に救いが訪れ、民衆が歓喜に包まれながら歌舞を楽しんだことを書き記した言葉が「かぐら」です。それ故、神座に代わって今度は「楽」という漢字が充てられたのです。

これで神座も神楽も、「神の救い」が一大テーマとなって繋がっている言葉であることが分かります。天照大御神が姿を現して、人類に救いが訪れることが神座の背景であり、その救いは、神楽(かぐら)という言葉で表現されたのです。だからこそ、神楽の語源には神座があると語り継がれ、その定説は真実だったのです。