剣山への空海の想い

「かごめかごめ」をヘブライ語で翻訳すると、その歌詞はイスラエルの神宝についての取り扱いと、その行方について言及していることがわかります。この歌詞の解明をきっかけとして、筆者は兵庫県の新神戸駅、北側にある再度山の存在を知ることとなり、空海が遣唐使として中国を訪ねた前後の2回に登ったその山が、何故、重要であったかという理由を考えさせられることになりました。