1. ホーム
  2. 日本の唱に秘められたイスラエルの知恵
  3. 日本語の謎をヘブライ語で解き明かす

囃子詞のルーツはヘブライ語だ!

日本人なら誰でも良く知っている民謡の歌詞や囃子詞には、何ら意味を持たないと思われる言葉がたくさんあります。例えば著名なソーラン節の一節である「ヤーレン・ソーラン」をはじめ、「ヨイショ」、「ドッコイショ」、「コリャ〜」等、意味が不明な言葉は数えればきりがありません。既に「ヨイショ」、「ドッコイショ」については、これらの言葉がヘブライ語から誕生し、きちんとした意味を持っていることを解説してきました。本章では日本人に馴染みの深い、ほかの囃子詞や掛け声、唄の意味を、ヘブライ語を用いて解明していきます。

先祖代々、日本各地で伝承されてきた民謡の多くには囃子詞が含まれています。これらは一般的に舞を助ける唄の掛け声として活用されており、調子を整えたり、唄をひきたて、雰囲気を出すために用いられています。それ故、語呂が軽快で、人々の心を捉えるような「ノリ」があり、インパクトのある言葉であることが重要です。例えばアメリカのブラックゴスペルでも歌の合間にさまざまな掛け声がリズミカルに叫ばれ、ステージ側の聖歌隊と観衆が一体となってその場を盛り上げる唄が多数あります。同様に、囃子詞も唄のリズムに合わせて観衆が一体となって自ら声援を送るようなものであり、全体の雰囲気を高揚させるための原動力となります。

このように囃子詞は場を盛り上げる働きを持つ言葉なのですから、当然のことながら意味のない言葉を当初から叫んでいたはずがありません。あくまで唄の趣旨に沿って、つじつまが合う意味の言葉が用いられていたはずです。ところが、囃子言葉の多くは長い年月の間にいつしか元来の意味が不明となり、単に言葉の発音のみが今日まで伝承され続けているのです。それにしても「エンヤラヤー」、「ドッコイショ」等、意味のわからない多くの言葉を、いつまでも疑問を持たずに歌い続ける日本人も不思議な国民ではないでしょうか?イスラエル民族が大昔、大陸よりはるばると日本の地に到来し、古代の日本文化に大きく貢献したことは既に解説してきたとおりです。古代史を検証するにあたり、日本語でありながらも意味不明な囃子詞や掛け声が、ヘブライ語によってその意味を解明できるならば、古代史における日本とユダヤの関係がより鮮明になってきます。

そこで、まず「囃子詞」という言葉そのものの語源を探ってみました。言葉が「コトバ」と発音される理由については色々と説がありますが、ヘブライ語を使えば説明は簡単です。ヘブライ語で書き物はカティーバ(カティーバ)、書くことをカタブ(カタブ)、また文字列はカティーブ(カティーブ)と言い、これらはどれもKTB(KTB)という三つの子音から構成されています。さらに同等の子音ルーツを持つ言葉の中にはニュースやお知らせの意味を持つコトバ(コトバ)という言葉もあります。また、ヤシャ(ヤシャ)、ハヤシャ(ハヤシャ)というヘブライ語の存在にも注目です。これらはストレート、ダイレクトに、という意味を持つヘブライ語です。これら2組の言葉を合成すると「ハヤシ・コトバ」と発音する言葉となり、「率直なお知らせ」、すなわちストレートに語る「進言」の意味を持つ言葉になります。これが囃子詞の語源ではないかと考えられます。

囃子詞とは、唄の合間に相手を励まし、その場を盛り上げて人々の心を高揚させるため、唄々の合間を見てダイレクトに介入して大声で歌う、励ましの掛け声であったのです。それ故、日本語では意味の通じない囃子詞ではあっても、ヘブライ語で解釈することにより、古代の創作者が意図とした歌の意味がはっきり見えてくるのです。