1. ホーム
  2. いろは歌の醍醐味
  3. いろは歌の醍醐味

「さくらさくら」は神隠し

八重桜の秘密とは パート1

「いろは歌」の中に秘められている五七五七七調の折句には、創作者である空海師の情熱的なメッセージが秘められています。

伊千与良也、八重咲け逸話
咎無くて 死す御子入れり 巌となて

今回はこの短歌に含まれている「八重咲け(く)」という言葉を研究してみましょう。八重桜という言葉がありますが、万葉集などで詠まれている日本の代表的な桜「ヤマザクラ」が変化したものと辞典などに書かれています。しかし「八重咲く」という表現もごく一般的に良く使われているように、「八重咲く桜」が省略して八重桜となったと考えることもできます。いつごろから八重咲くという言葉が使われたか定かではありませんが、十二世紀後半に藤原定家が「新古今和歌集」にて「八重さく」および「八重桜」を愛用している事実から、「いろは歌」の折句を文献として捉えるならこれが最古のものである可能性があります。

八重はその言葉のとおり八つに重なるということであり、桜の花びらが幾枚も重なって景色を埋めつくすという意味があります。しかし七重、九重ザクラでも良いはずなのに何故「ヤエ」なのでしょう?例えば「八」という字が後漢書において「八方の果て」という意味で使われているように、八方の果てまで花びらで埋め尽くされることを表現するために「八」を使ったと考えることができます。また旧約聖書(ヘブライ語)に登場するイスラエルの神、「ヤーウェー」が訛ったものと解釈することもできます。その根拠として
1.「八重」は元来日本ではヤヘーと発音されており、ヘブライ語の神という言葉yhwhに母音を足した発音に限りなく近い言葉であった、そして2.「ヤエ」を神と解釈することにより、その前後の折句のメッセージを一貫した意味で容易に理解できる、という二点が挙げられます。短歌に折句を通して二重の意味を持たせ、しかも外来語を通じて別世界と遭遇する醍醐味を「いろは歌」は与えてくれるのです。

次に「サクラ」の語源を見てみましょう。多くの言語学者は「咲く」に「ら」という接尾語を足して「サクラ」となり、「咲いたような見事な花」の意味を持つようになったと言います。そのほか、サクヤ姫、サキハヤ(咲光映)、サクル(裂)などさまざまな文献で見られる、似たような言葉が転化したとも言われています。いずれにせよ「桜」という文字は八世紀に編纂された日本書記には既に登場し、帝の饗宴に関連して使われているのです。そこで前述した八重と桜が何故「いろは歌」の折句において「八重咲け」という言葉となったかを考えてみましょう。

「さくら」という言葉には、露店などで仲間であることを隠して客のふりをしながら周囲を偽るという意味もありますが、その由来はわかっていません。また八重という言葉にも花びらが重なって背景が隠されるというニュアンスがあるので、八重桜という言葉のルーツには「花びらで隠す」という意味がありそうです。ヘブライ語では「隠す」という言葉はシェケラ(シェケラ)と発音します。シェケラは発音してみればわかるとおり「サクラ」の発音とほぼ同じに聞こえるだけでなく、原語では「隠す」、「偽る」という意味があるので、商人が客を呼び寄せるときに使う仲間をサクラというゆえんがここにあるように思えます。そしてシェケラの意味を「桜」という言葉にかけて、ヤエの神について語ろうとしたのが弘法大師ではないでしょうか!

表面的には美しい日本語に聞こえる「八重咲く桜」には、実はヘブライ語で「神隠し」という意味があるのです。「いろは歌」の中に神のメッセージを隠し納め、それを永く後世に残すため、誰もが口ずさむ字母歌として創作された「いろは歌」こそ、日本が誇る偉大な宗教家、空海による驚異の作品なのです。

いろは歌
色は匂へど
散りぬるを
我が世誰ぞ
常ならむ
有為の奥山
今日越えて
浅き夢見じ
酔ひもせず
折句歌(空海)
一千与良弥
八重咲け逸話
咎無くて
死す御子入れり
巌となて

八重桜の秘密とは パート2

偽って客のふりをする人を「さくら」と言いますが、一般的にその語源は定かでないと言われています。ただで見るという意味で「桜」から出たことばであるとか、労働する意味の「作労」が訛ったものとする説がありますが、意味のつながりがほとんどないためにまったく説得力に欠けます。いろは歌桜の花びらは咲いた後パッと散るのでその桜の花の性質に例えて使われるようになった、という説も信憑性に欠けます。旧約聖書の原語であるヘブライ語では「偽る」ことをシェケラ(シェケラ)と言うため、当て字で偽客と書かれる「さくら」の語源はヘブライ語にあることを前号で解説しました。そして八重(神)とサクラが「いろは歌」において神隠しの意味を持つ「八重桜」という一つの言葉となり、結果としてサクラという言葉に神がかり的なニュアンスが込められるようになったのです。それ故、平安時代において桜は霊木として信仰の対象になっていた背景が見えてきます。

さて、著名な日本古謡のひとつに誰もが知っている「さくら」があります。しかし作者が不明なだけでなく、その歌詞の中には「弥生の空」とか「イザヤ」など、およそ聞き慣れない表現が出てきます。実を言うと「さくら」もヘブライ語で読めるのです。「いろは歌」には「ヤアエ」の神、「モセス」など、聖書に関わる言葉が折句として含まれていましたが、「さくら」には旧約聖書に登場するイスラエルの預言者、「イザヤ」の名前がそのまま出てきます。この名前には「神の救い」という意味があります。そこで大胆に提言しましょう。「サクラ」の著者は弘法大師である可能性が高く、「さくら」の歌詞はヘブライ語で読むと、「いろは歌」の折句とほぼ同じ意味の歌になるのです。

いろは歌ヘブライ語による「サクラ」の解読方法を簡単に説明します。ヘブライ語は母音と子音の組み合わせから成り立ち、日本語と大変良く似ている側面があります。例えば「サ」という文字ならばSの子音に「ア」の母音記号を付加して「サ」と読みます。しかし古代ヘブライ語では母音の記載を省略しており、子音だけで流暢に読まれたものでした。それ故、「桜」の日本語をヘブライ語の子音として捉えるのです。その結果を左に記載しました。例えば「さくら」の子音はSKRですね。それに対応するヘブライ語はシェケラ(シェケラ)となり、隠す、偽る、という意味があります。同様に「みわた(す)」がMWT(MWT)で「死ぬ」という意味となり、「におひぞいずる」はNOHYZR(NOH+YZR)となって「素晴らしい神の契約」という言葉になります。解読の結果「サクラ」にはヘブライ語で次の意味が含まれています。「(神が)隠れてしまった。唯一の神が迫害を受け、耐え忍び、死んで、犠牲となり、くじで引かれ、とりあげられてしまった。素晴らしい神の計画である救い、その救いの捧げものが成就した。」

空海は、いろは歌という字母歌を使って折句の中で信仰の真髄を語り、さらに神隠しの歌として「さくら」を作詞していろは歌と同等の信仰告白をしたのではないかと思われます。これは決して日本語とヘブライ語の偶然の一致ではありません。歴史に永遠に残る天才・空海の、次元を超越した霊歌だったのです。

日本古謡「さくら」
桜 さくら
弥生の空は
見渡す限り
霞か雲か
にほひぞ出ずる
いざや いざや
見に行かん