1. ホーム
  2. 古代史の謎を説き明かす歌
  3. 「君が代」に秘められたユダヤルーツ

「君が代」に潜むイスラエルの影

壱岐と鐘崎・宗像の中間にある博多湾に浮かぶ志賀島には、全国綿津見神社の総本宮である志賀海神社があります。そこで例年、催される山誉め祭りでは、ヘブライ語で神官を意味する禰宜(ネギ)と神主が行事を取り仕切り、「君が代」の句が語られています。

我が君は 千代にやちよに さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで
あれはや あれこそは我君のめしのみふねかや
志賀の浜長きを見れば幾世経ぬらん
香椎路に向いたるあの吹上の浜千代に八千代に
今宵夜半につき給う御船こそ、たが御船になりにける
あれはやあれこそや安曇の君のめしたまふ御船になりけるよ

「安曇の君のめしたまふ御船」と歌われるとおり、この歌は安曇の君に対しての讃歌です。九州王朝の君主である安曇の君については、対馬の和多津美神社にまつわる伝承を調べると、その出自がイスラエルである可能性が高いことがわかります。和多津美神社の参道沿いには磯良(いそら)と呼ばれる磐座が存在し、古い海神伝説のシンボルとなっています。その御神体である「亀石」は「磯良恵比須」と呼ばれ、周囲には三本足の鳥居が立ち、御社殿横の磐座とともに御神体石として祀られています。この「磯良」こそ、海部の統率者として知られる海の神、阿曇の磯良(あづみのいそら)であり、神功皇后が三韓出兵した際、皇后の働きが成功することに大きく貢献した安曇氏の祖先です。安曇はヘブライ語で、「頑強」を意味することから、安曇の磯良は「強いイスラエル」と解釈できます。そして「磯良恵比須」もヘブライ語で読むことができ、「イスラエルの砦島」を意味する言葉です。

また、志賀島神社では綿津見三神が祀られ、これら三神は海神安曇族の祖神でもあります。そして安曇磯良は志賀島大明神とも呼ばれているのです。つまり、志賀島神社の創設者は綿津見神社と同族であり、同じイスラエルの民族の絆で繋がっていたのです。そして志賀島の祭りでは古くから「我が君」として安曇の君が讃えられてきたことから、それはイスラエルの王が讃えられる歌であったと推測できます。これらの背景から、「君が代」の歌のルーツには、イスラエルが絡んでいると考えられます。

「君が代」の原点は、少なくとも空海の時代までさかのぼるようです。空海が創作したと考えられる「いろは歌」の折句(別章参照)が五七五七七調であるように、「君が代」の詩も同じく五七五七七調になっています(「石」は一言と解釈する)。そして歌の句調が同じだけでなく、その歌の中には「巌となりて」という共通の言葉が含まれているのです。この「いろは歌」と「君が代」に双方の歌に含まれる「巌となりて」という言葉は、後述するとおりヘブライ語で「神の証が成就する」という意味を持っています。よって、どちらも神に関するテーマについて書かれた歌詞が含まれていることがわかります。

すると、この「巌となりて」という表現は、空海の時代以前に存在したヘブライ詞を空海が日本語に当てたか、もしくは、空海自信が創作したヘブライ詞であった可能性が見えてきます。そして空海の宗教観を凝縮した「いろは歌」の中に、「巌となりて」は折句として込められ、その言い回しは「君が代」でも使われたのです。今となっては、「巌となりて」の創案者を見極めることは不可能ですが、いずれにしても、イスラエル民族の宗教感が深く反映された歌であることに違いはなく、そのヘブライルーツはもはや否定できません。そして空海の関与さえも匂わせる内容と背景が秘められた歌だからこそ、古今和歌集の編集者は、例えその実態をある程度は理解していたとしても公にすることができず、あえて「題知らず、読人知らず」とコメントしたのではないでしょうか。