1. ホーム
  2. 秦氏と船木氏
  3. 秦氏の正体とは!

秦氏の正体から垣間見える日本人のルーツとは ? !

秦氏のルーツについては不透明な点が多く、結論が出ないまま今日に至っています。日本書紀には、秦氏の一族が百済から渡来したと明記され、また「新撰姓氏録」や「隋書」には、秦氏と秦国との繋がりに関する記述が散見されることから、秦氏のルーツとして中国人説、朝鮮人説など、さまざまな見解があります。しかしながら秦氏のルーツに関するこれまでの諸説は、朝鮮および中国における足跡までしか歴史を遡っておらず、必然的に断片的な解説に留まっていることが多いようです。実は、秦氏の出自は中国を越えて遥か西アジアにまで達し、さらにユダヤ王朝の血統を引き継ぐイスラエルの民へと繋がっている可能性が高いのです。そして日本に渡来する直前まで朝鮮半島に拠点を置いていた秦氏は、代々継承され続けてきた独自の文化やアイデンティティーを携えて、満を持して日本に渡来し、この新天地にて新しい文化を開花させたと考えられるのです。早速、秦氏のルーツに関する情報を見つめ直し、歴史の謎を紐解いてみることにしましょう。

秦氏が語られない理由とは

朝鮮半島から渡来した秦氏は、日本の宗教文化や衣食住に大きな影響を及ぼすさまざまな貢献を行い、海外からは秦王国と称されるまでの権力を握りました。そして京都の周辺に多くの拠点を構え、優れた知識と高度な技術だけでなく、大きな経済力も誇示していました。その卓越した政治経済力を活かして平安京の造営まで担い、皇室との血縁関係があることも知られています。日本文化の礎を造った秦氏の功績は疑いもない事実であり、天皇家とも親密な関わり合いがあったにも関わらず、これまで日本の歴史教育において秦氏の存在がさほど重要視されなかったのはなぜでしょうか。秦氏の出自を辿っていくことは、少なくとも日本人のルーツそのものについて考察することであり、その歴史的背景の解釈によっては、従来の定説に反する結論に発展しかねません。また、皇室の血統や出自についても言及することにもなりかねないため、これまで多くの歴史家は公に議論することを躊躇し、学校教育においては踏み込んだ記述ができなかったと考えられます。

日本書紀や古事記に書かれていることを鵜呑みにするならば、日本という国家は天皇を現人神とする神国であり、およそ日本人は古代から連綿と続く単一民族であるという大前提があります。そして歴史教育によって培われた古代日本人のイメージとして、独自の文化を持つ日本列島に土着していた縄文人に、大陸から渡ってきた弥生人が長い年月を経て交じり合い、今日の日本人の原型が育まれたとする考え方が定着してきたのです。それ故、古代日本における文化の礎を担った人々のほとんどが渡来人であるというような論説は、封印されても致し方ないでしょう。しかし、渡来人の貢献なくして、古代日本社会における急速な文明開化はあり得ないのです。それは、アメリカ合衆国がイギリス系移民を中心とする渡来者の歴史で始まったことに類似しているようです。

古代日本史はアメリカの建国に類似

アメリカ合衆国の歴史は、イギリスやオランダ、その他ヨーロッパ諸国から宗教弾圧を逃れて、大西洋を渡ってきた渡来人(移民)によって幕を開けました。当初はイギリス系の移民が圧倒的に多かったのですが、その後、他国からも大勢、ヨーロッパから海を経てアメリカへと渡るようになりました。そしてアメリカ大陸に土着する少数派のインディアン諸部族は、圧倒的な武力を有する渡来人の圧政下のもと、インディアン居住区と呼ばれる山奥や砂漠周辺の狭いエリアに徐々に集約させられ、その存在感は歴史の中に埋もれていくことになります。その結果、アメリカ大陸の歴史は渡来人によって塗り替えられ、中でもイギリス系渡来人の影響力は強く、英語圏が定着していくさなか、彼らが歴史の主人公となりました。その後も多くの移民がアメリカ大陸に渡り、最終的に巨大な国家を形成するに至ったのです。

日本の古代史においても同様に、中国の圧政下から逃れて朝鮮半島に移住した秦氏が、ある時を境に新天地を目指して日本に渡り始め、その後においても、秦氏に限らず、大勢の渡来者が継続して日本列島を訪れたのです。そして秦氏は政権を樹立して国家の礎を造る陰の立役者となり、高度な大陸の文化や技術を列島に紹介しました。その秦氏の渡来に続いて、イスラエル系の他部族や、その他の民族も続々と日本列島に渡来し始め、渡来者を中心とした新しい文化圏が列島にて創生されていくことになります。その結果、それまで日本列島に土着していた縄文人とも呼ばれる原住民は、列島の隅々に追いやられてしまうのです。それほど、大陸からの移民は膨大な数に上り、秦氏系だけでも数万から数十万人の規模に達していたと考えられます。そして縄文時代末期では10万人に満たないと推定される日本列島の人口が、弥生時代の途中から急激に増加することとなり、一説では数世紀に渡る大陸からの渡来者の数が最終的には100万人を優に超えたとも言われています。人口学上でも、渡来者の数を100万から150万人程度に推定しなければ数字の辻褄が合わないほど、その移民の波は多く、これまでの認識を改める必要がありそうです。

このような日本列島に向けた膨大な数に上る大陸からの渡来者が存在した、という前提にたって歴史を解釈することにより、これまで語られずにいた多くの謎が解明されるだけでなく、さまざまな史料をより理解しやすくなります。大陸からの渡来人による民族移動なくしては、これだけの急激な人口増加だけでなく、高度な製鉄の技術や、漢字の文化、醸造や灌漑技術、そして律令制に則った統治制度など、如何に古代日本社会にて急速に導入し、普及させたかを説明することができません。特に言語の問題は重要であり、古代日本においてはほとんどの文献が漢文、中国語で書かれていたという史実があります。漢字文化を吸収できるような教育のインフラなど考えられない日本の古代社会にて、知識人はどこで漢文を学び、それを流暢に読み書きして、相互のコミュニケーションをとっていたのでしょうか。つまるところ、中国大陸で教育を受けた渡来人が大勢列島に渡来し、書面上の文言は中国語でやりとりをするということが当たり前の時代であったと想定されます。そしてその渡来人の中で、最も中心的な役割を果たしたのが秦氏なのです。

秦氏の出自に関わる諸説

日本書紀などの古文書に基づき、秦氏は百済から渡来した朝鮮人、韓人であるという説があります。しかしながら反論も多く、歴史家の井上光貞は、秦氏を「中国文化を身につけた外来人で、秦の遺民を称する人々」としました。つまり秦氏は朝鮮人ではなく、中国圏に長年居住してその文化を理解する秦の始皇帝の末裔である、というのです。また、江戸時代に新井白石は「古史通惑門」において秦氏は辰韓に移住してきた秦人(中国人)であると主張しています。その根拠となったのが3世紀末に、西晋の陳寿によって書かれた「三国志」の「魏書」にある東夷伝の倭人の条の略称で、日本では「魏志」とも呼ばれる「魏志倭人伝」の記述です。そこには、秦の苦役から逃れた民が馬韓(紀元前2世紀末〜4世紀)へ亡命し、その東方に居住したのが辰韓人の始まりであるという記述があります。確かに同時期、朝鮮半島南部には言語や文化の異なる馬韓、辰韓、弁韓と呼ばれる三韓が歴史に登場します。その後、辰韓の地域は新羅となり、馬韓は百済、そして弁韓は朝鮮半島の最南端にて伽耶と呼ばれたのです。

ところが魏志においては辰韓と弁韓が混同して使われることもあり、いつの間にか「弁辰」という言葉で言い表されることもありました。それは辰韓と弁韓の言語や文化が実は酷似していたからに他ならず、「魏志」にも、双方が蚕桑や織物という同一の技術において優れた文化を有し、辰韓人と弁辰人が雑居しているという記述があります。その上、住人も秦人と呼ばれる中国人に似ているということから「秦韓」とも呼ばれることもありました。こうして「秦」と、「辰韓」の「辰」は、重複した意味合いを持つようになり、混同して使われたのです。これらの文化的背景は、秦氏のものと同一であると考えられることからしても、秦氏が辰韓と弁韓、すなわち「魏志」に書かれている弁辰の中核となる存在であったことに違いありません。

それでは何故、同じ秦氏の文化的背景を持つ弁辰の民であっても、辰韓と弁韓に分離していたのでしょうか?2つの国に分かれた謎を解く鍵が、イスラエルの南ユダ王国の2部族です。秦氏のルーツは前述した通りイスラエルであり、中でも南ユダ王国のユダ族であると考えられます。同じ南ユダ王国を構成するもう1つの部族がベニヤミン族です。この2部族と共に、祭司の任務を司るレビ族が民族移動の際に同行して当初、大陸を横断してきたのです。そして中国から亡命してきた秦氏は、大陸の最東端とも言える朝鮮半島の東海岸に辿り着き、そこを拠点として大きな勢力となっていく過程において辰韓と呼ばれるようになります。また、少数派のベニヤミン族は、部族ごとに分かれて居住するというイスラエル元来の風習に従って、ユダ族が居住する辰韓の南方に拠点を構え、ベニヤミン族の頭文字2つをとって、そこは弁韓と呼んだのではないでしょうか。このように、秦氏がイスラエルのユダ族の出自であると想定することにより、朝鮮半島を介する渡来者の流れとその民族構成を、より分かりやすく理解することができます。

秦氏の正体とは何か

秦氏のルーツであるイスラエルの民は、国家を失った後、世界各地に離散し、それぞれの地域において、文化、教育、政治、経済面など多岐に渡り大きな貢献を成し遂げました。そしてどんなに離散しても、決して自国の文化、言語、宗教観を忘れることなく、世代を超えて自国民の生きざまを後世に伝承してきました。だからこそ、2,600年も前に国家が滅亡しても、ヘブライ語は死語となるどころか、聖書を読むために不可欠な古代ヘブライ語として今日まで存続し続け、1948年にイスラエル国家が再建された際には、国語としてヘブライ語が復活を遂げたのです。このような特異な文化を持つ民族であり、しかも痕跡を殆ど残さずに民族移動を続け、世界各地に土着してきたという歴史的背景を踏まえると、最終的に日本に定住した秦氏の正体も見極めづらく、長年不透明のまま放置されることとなりました。

秦氏の正体とは、基本的には中国や朝鮮の文化圏において育まれたイスラエル系のユダ族です。そして大陸における長年の寄留期間を経て、中国大陸の文化を吸収し、現地人との混血もある程度は進んだとも考えられます。いずれにせよ、秦氏とは、中国や朝鮮の影響を多分に受けた西アジア系のユダ族、イスラエル人であり、漢民族や、韓民族ではないのです。その秦氏は、秦の滅亡を機に、迫害を避けて朝鮮半島に移住し、日本へ渡来する直前まで朝鮮半島に寄留し、今度は韓流文化の影響を受けることとなります。それが「魏志」において「辰韓人」と記載されている所以でもあります。

神の選民であるイスラエルの血は、長い年月を経て大陸文化によって育まれ、元来の卓越したイスラエル文化に古代中国大陸の優れた文化がブレンドしてさらに磨きがかかったことでしょう。その研ぎ澄まされたように繊細な美的感覚を誇る独特の文化は、最終的にイスラエル系の秦氏によって日本に持ち込まれ、現在に続く日本文化の礎となったのです。無論、日本列島各地には、秦氏よりも前に渡来したイスラエル人が存在しており、西日本各地にて高地性集落等を構成し、生活圏を確立していました。しかしながら、秦氏の渡来は、それまでの規模とは一転して、大規模な移民の波を伴ったものであり、日本の古代史の中でも際立つ歴史的転換点となったのです。もはやイスラエル系渡来人の存在なくしては、秦氏の功績や、歴史に残る偉業の数々を含め、日本の古代史の流れを説明することはできません。隋の使者が秦氏について「明らかにする能わざるなり」と結論を明らかにできなかったのも無理はないのです。なぜなら、秦氏のルーツは、アジア大陸の遥か西方の中近東、イスラエルまで遡るからなのです。