1. ホーム
  2. 日本列島に潜むユダヤの痕跡
  3.  

天皇家の菊花紋の真相

エルサレム宮殿に刻まれている16菊花紋自衛隊がイラクに派遣された当時、隊員の安否が気遣われましたが、イスラム教原理主義のリーダーは「自衛隊は他国の占領軍と違い、イラク市民を援助するために来ているので害を及ぼさないように」と公式見解発表をしたように、イラクにおいて日本は何かしら別格の存在であるようです。なぜならば、紀元前2000年ごろに歴史から消え去ったシュメールの末裔が、古代日本の文化に関わっていたと考えられるからです。その証のひとつが天皇家の菊花紋です。

皇室の表紋として著名な菊花紋は、延命長寿の効用を伴う延年草とも呼ばれる菊の花を原型に、その花弁が放射状に並んで日の光にも例えることができることから、日の出ずる国家の象徴である天皇家のシンボルとして創作されたと言われています。平安時代では「いろは歌」が普及するのと時期を同じくして、菊花紋は特に文様として流行し、宮中では年中行事として観菊の宴が始まりました。そして鎌倉時代、後鳥羽上皇のときに菊花紋が皇室の紋章として正式に取り入れられたのです。

その後、武家のシンボルとしても足利、織田、豊臣氏などが家紋として使用し、江戸時代においては複数の大名や神社仏閣の紋としても使われました。挙句の果ては町家の商標などにも濫用されはじめたため、明治維新、王政復古の元年に禁令が出され、許可なく物品へ御紋を描くことが禁止されました。そして明治22年に菊花中心の円の直径と菊花全体の大きさの割合が3対38に定義され、大正15年に発布された皇室儀制令により、菊の花は16葉、その花弁は8重菊の複弁、弁のはしの弧は32と定められたのです。今日では菊花紋は皇室の家紋として天皇旗や天皇御料の乗り物 、宮殿の建築物、食器や礼服、および印紙やパスポートなど、幅広く利用されています。

古代文明において神聖文字を図案化したとも思われる紋章は、自然界に住む神々と人間との関係を象徴しているため、菊花紋は当初、天を照らす太陽の神のシンボルとして考案され、次第に菊の形状に整えられていったと推測できます。またシュメール王朝の都であったバビロン遺跡には、紀元前600年に建造されたイシュタル門が残っており、これには王家の紋章として多くの菊花紋が描かれていますが、それはまさに日本の菊花紋とまったく同じ形です。そして驚くことに、イスラエルの首都エルサレムの中心にある神殿の城壁にも、菊花紋が見事に刻まれているのです。

さて、この菊花紋は平安時代よりもさらに昔、紀元前より中近東に流行しており、シュメールにおいては王朝を象徴する家紋として使われていたものなのです。例えば紀元前2300年ごろ、シュメール・アッカド王朝の時代に建造されたナラム・シン王の戦勝碑には、菊の紋章に大変類似した文様が描かれています。これがシュメール王朝の菊花紋の原型となったとも考えられます。

古代文明において神聖文字を図案化したとも思われる紋章は、自然界に住む神々と人間との関係を象徴しているため、菊花紋は当初、天を照らす太陽の神のシンボルとして考案され、次第に菊の形状に整えられていったと推測できます。またシュメール王朝の都であったバビロン遺跡には、紀元前600年に建造されたイシュタル門が残っており、これには王家の紋章として多くの菊花紋が描かれていますが、それはまさに日本の菊花紋とまったく同じ形です。そして驚くことに、イスラエルの首都エルサレムの中心にある神殿の城壁にも、菊花紋が見事に刻まれているのです。

シュメールとイスラエル、そして日本の皇室が菊花紋を共有している事実は単なる偶然ではなく、古代日本の歴史を刻んだ大和の民のルーツが、イスラエル、さらにはシュメール文化に由来していたからにほかなりません。世界最古のシュメール文化は、紀元前8世紀、国家を失ったイスラエルの民により高天原(タカーマガハラ)を経由して大陸を渡り、日本に到来していたのです。

紀元前722年、北イスラエル王国の10部族が国家を失い、離散した民の行方はわからなくなりました。直後、南ユダ王国の滅亡も預言者によって再三、指摘されるようになり、それから約140年後、実際に南ユダ王国も滅びたのです。ところが、北イスラエル王国が滅びてからおよそ60年後の前660年、南ユダ王国が崩壊の危機に直面している最中、時を同じくして広大なアジア大陸の東の果てに浮かぶ日の出ずる島々では、倭国の皇室史が幕を開けたのです。イスラエルの文化と古代日本文化には多くの共通点が見受けられ、それが単なる偶然とは言えない理由の原点が、この暦の接点にあります。北イスラエル民族が歴史から消え去り、南ユダ王国の崩壊が始まってから暫くすると、遠い東の新天地で倭国の歴史が始まり、その文化はイスラエルとの類似点が多々あるという事実をもはや、見逃すことはできません。そこで、もう少し、失われたイスラエル国家の行方を掘り下げて考察してみましょう。