1. ホーム
  2. 日本の唱に秘められたイスラエルの知恵
  3. 日本語の謎をヘブライ語で解き明かす

ソーラン節はヘブライ語の行進賛歌だった!

ソーラン節は日本人なら誰もが知っている北海道民謡です。ヤーレン・ソーランと始まり、繰り返し歌われるこのソーラン節は、歌う人の脳裏にしっかりと残る優しい響きがあります。また唄の途中に「ドッコイショ」という掛け声も入り、これは日常会話でもよく使われている言葉だけに、その軽快なメロディを口ずさんだことのある人は少なくありません。「チョイ ヤサエ エンヤンサー ノドッコイショ…」、どこかで一度は聞いたことがある一節です。しかしソーラン節の意味は不可解であり、今日では単なる掛け声の組み合わせにしか思われていないようですが、それは間違いです。実はソーラン節は元来、ヘブライ語の行進賛歌であり、そこには驚くほどわかりやすい意味が隠されていたのです。

まずヤーレンに注目してみましょう。ヘブライ語には「喜び歌う」という意味を持つrinen、リーネン(rinen、リーネン)の未来形としてyeranen、イェラネン(yeranen、イェラネン)という言葉があります。これは普通に発音すると「イェラネン」となり、それが多少訛ってほぼ同等の発音に聞こえる「ヤーレン」になったのでしょう。「ソーラン」も、それとまったく同じ発音を持つsolan(solan)というヘブライ語があります。この言葉はソロシンガー、すなわち「一人の歌い手」を意味します。するとイェラネン・ソーランは「一人で喜び歌う!」と解釈できます。だからこそ、ソーラン節の歌詞には「沖の鴎に潮時問えば、わたしゃ立つ鳥、波に聞け」というような孤独なイメージの節が多いのです。

「チョイ・ヤサエ・エンヤン・サー」も明らかにヘブライ語が語源です。「チョイ」のルーツはヘブライ語で「ツォイ」という発音を持つであり、これは「行進する」、「前進する」の意味です。また、「ヤサエ・エンヤン」は「まっすぐ目指す」という意味のヘブライ語、ツォイです。この言葉はそのままヘブライ語の辞書にも事例としてしばしば掲載されています。そしてsaar、サー(saar、サー)という言葉は、ヘブライ語で「嵐」を意味する言葉です。すなわちこの囃子詞は「たとえ嵐が来ようとも(約束の地を目指して)真っ直ぐに進め!」という行進の掛け声だったのです。さらにこの囃子言葉の最後は、「ノ・ドッコイショ」という掛け声で締めくくられます。na、ナ(na、ナ)は、「お願いします!」という祈りの言葉であり、「ナ」が「ノ」に訛ることもあったと考えられます。「ドッコイショ」は既に解説したとおり、「神の助けによって押しのける」という意味を持っています。これらを合わせると「神の御力によって押し進んで行けますように!」という祈りの唄になります。

もはや疑う余地はありません。ソーラン節は、荒波を乗り越えて約束の地に向かう際に歌ったヘブライ賛歌であり、神の導きを信じて歩み続ける旅人が、嵐さえも恐れず、たとえ一人でも喜び歌いながら、神に叫び求めてひたすら前進して行くための行進曲だったのです。これは紀元前7世紀以降、イザヤの予言に従って大陸を横断し、「東の海の島々」を捜し求めたイスラエルの民が、アジア大陸から海を渡り、日本列島を目指すときに口ずさんだ賛歌であったとも考えられます。前途に立ちはだかるさまざまな大自然の困難にもめげずに、神を信じて航海を続け、海を渡って約束の地へ到達することを夢みた、その喜びの唄がソーラン節です。