1. ホーム
  2. 日本の唱に秘められたイスラエルの知恵
  3. 日本語の謎をヘブライ語で解き明かす

囃子詞に潜むメシアへの叫びとは

ふるさと日本から生まれた民謡は素晴らしい文化遺産であり、心を励ます人生の応援歌として、いつの時代も変わらず多くの人に愛され、歌われ続けてきました。これらの民謡の中には意味の不透明な囃子詞を含むものが多数ありますが、長い年月を経ても、その言葉尻さえ失われずに今日まで歌われ続けてきたことに驚きを隠せません。そして今や、これら囃子詞の多くはヘブライ語で解き明かすことができるだけでなく、そこには一貫したテーマが隠されていたことがわかってきました。すなわち、私たち日本人は長い歴史のタイムスパンにおいて、その意味に気付かぬままに、ヘブライ語で書かれた歌詞を日本語と思って唄い続けてきたのです。表面上は日本語でありながらも、本来はヘブライ語で創作された歌であることから、二重の意味が込められていたのです。誰もが知っているソーラン節や会津磐梯山、木曾節、伊勢音頭囃子など、日本列島各地で歌われ続けている民謡の多くには、明らかにヘブライ文化の息吹を感じることができます。

その一例として「ナギャド・ヤラ」を解説してきましたが、モーセとキリストの墓まで存在する青森県には、そのほかにもさまざまな民謡があります。中でも「嘉瀬の奴踊り」は三味線に合わせて盆踊りを舞う民謡として著名であり、その技芸は県の県無形民俗文化財にも指定されています。この「嘉瀬の奴踊り」では、「ハア・ヨイヤナカ・サッサイ」という囃子詞が連呼されますが、その言葉の意味は、ヘブライ語で理解することができます。

まず、「ハア」はヘブライ語でハアと書き、頻繁に使われる感嘆詞として「見よ!」という意味を持っています。それ故、この後に続く言葉の意味が重要です。「ヨイヤナカ」は「ヨイ」と「ヤナカ」という2つのヘブライ語に分けて考えます。ヘブライ語でヨイッ(ヨイッ)と発音する言葉は「助言者」、「カウンセラー」の意味で用いられています。次に「ヤナカ」ですが、これはヘブライ語でヤヌーカと発音するヤヌーカに相当し、みどりご、赤子を意味します。最後に「サッサイ」ですが、これはサッサ(サッサ)という「喜ぶ」、「歓喜する!」という言葉に語尾が自然に付加されたものと考えられます。

これら一連の言葉をまとめると、「見よ、助言者、みどりごを喜べ!」となります。一見、何の関連もない言葉が単に並べられているようですが、この一文には深い宗教的な意味合いが含まれているようです。預言者イザヤの一行が大陸を横断して日本にたどり着き、大和の国、倭国の建国に一役買った可能性が高いことは前述したとおりです。もしそれが事実ならば、当然のことながら日本文化の底辺にはヘブライ文化が根付いているだけでなく、イザヤが預言書に書き記した救いのテーマに従って、救い主、メシアに関する言及がいろいろな文献や民謡に残されていても決して不思議ではありません。

イザヤ書9章の1節から7節を見ると、神の裁きを受けて滅び行くイスラエル国家に対し、まだ赤子の救い主が与えられることが約束されています。「ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる…その名は不思議な助言者。」すなわち、イスラエルの民にとって「助言者」、「みどりご」とは、国家を救うメシアの代名詞でもあったのです。これらがそのまま「嘉瀬の奴踊り」の中に囃子詞として採り入れられ、「ハア・ヨイヤナカ・サッサイ」と、今日まで唄われ続けたのではないでしょうか。それは、「見よ、救い主である助言者、みどりごが与えられる、喜べ!」の意味を持っていたのです。このように囃子詞の意味をヘブライ語でたどっていくと、その多くは、神を賛美し、神の子、メシアを祝うことを意味していることがわかります。