1. ホーム
  2. 秦氏と船木氏
  3. 秦氏の正体とは!

秦氏とユダヤ王族の関係

秦氏が日本に渡来してきた経緯については諸説があります。秦が滅び亡命してきたという説をはじめ、万里の長城建設等の苦役に耐えられず、秦韓に落ち延びた後、日本へ亡命してきたという説、秦の末裔を名乗ることで異国において優遇されようと目論んだという説など、秦氏の出自については枚挙にいとまがありません。また、新撰姓氏録では秦氏の出自が秦始皇帝に由来していることが明記されています。その信憑性には疑問が残るも、可能性については留意する必要がありそうです。日本の歴史において重要な役割を果たしてきた秦氏ですが、中国の文献においても、不思議とその出自に関する記述を殆ど見出すことができません。秦の末裔というのが本当なら、中国にも秦氏の出自に関する記述が残されているはずですが、皆無に等しいのです。

秦氏は如何にして、都の造営に携わるほどの政治・経済力を携えてアジア大陸を横断し日本に辿り着いたのでしょうか? その高貴な文化と芸術的な感性、そして特異な宗教的背景を振り返る限り、秦氏は元来、高貴な王族級の民族の出であることに違いありません。日本書紀には、弓月君(ユヅキノキミ)が3世紀末、朝鮮半島より渡来したことが秦氏の基であると記されています。当時、中央アジアには、弓月部族が元来居住していたと考えられる弓月国が存在しました。そこはイスラエルの祖先の地からも近く、キリスト教の布教も熱心に行われた結果、景教の一大拠点ともなり、シルクロードの通過点として最終的に日本の奈良まで繋がることとなります。秦氏が景教の信奉者であることからしても、弓月君の故郷が、この中央アジア近辺にあった可能性は極めて高いと考えられます。つまり、秦氏のルーツは中央アジア方面まで遡ることがわかります。そして景教の信奉者として全国各地に神社を建立し、さらにエルサレムの都に倣って平安京の造営に大きく貢献したことからしても、秦氏は中央アジアからさらに西に存在するイスラエル国のユダヤ王系でなければ成し得ないと考えられるのです。

秦氏がイスラエル民族であり、しかもユダ族である決定的な理由は「秦」の読みにあります。古語拾遺には「秦」を当初「ハダ」と発音した根拠として「肌膚に軟らかなり。ゆえに秦の字を訓みてこれを波陀と謂う」と書かれていますが、元来は「ユダ族」を意味する「(ヤ)ハダ」という発音を当てて読んだにすぎません。南ユダ王国の末裔であるユダ、ベニヤミンの2部族は今日でも「ユダヤ人」と称され、ヘブライ語でYehudi、イェフディ(Yehudi、イェフディ)と呼ばれています。中でも王権を継承する役目を担ったユダ族はYehudah、イェフダ(Yehudah、イェフダ)と呼ばれました。その綴りは、ヤーウェーの神を意味するYHWHに一文字Hを付け足しただけです。秦氏は「ユダ族」の出身であることから、「秦」の読みをヘブライ語で「ユダ族」を意味する「イェフダ」とし、その軽く発音される「イェ」を脱落させて、「(イェ)フダ」、または「(イェ)ハダ」と読むことにしたのではないでしょうか。つまり「秦(ハダ)氏」とは「ユダ族」を意味していたのです。イスラエルの王権を継承し、神の都を再建する使命を担ったユダ族の末裔が、秦氏であると理解することが、古代日本社会における秦氏の貢献を理解する重要な鍵となります。

また、秦の漢字表記からも、そのユダヤルーツを理解することができます。旧約聖書の創世記に登場するアブラハム、イサク、ヤコブらイスラエルの先祖は、民衆を治めるリーダーという意味で「族長(パトリアーク)」と呼ばれています。語源は、ギリシャ語の「父」を意味する「pater」と、「指導者」「王」の意味を持つ「archon」が組み合わされたものです。その後、キリスト教では「司教」という意味で使われるようになり、中国の景教では「波多力」と書き表されました。つまり「波多」という漢字は、イスラエルの指導者、ユダヤの父なる指導者を示唆する言葉であり、その王系の一族を称して「波多力」と書き、それが「秦」とも書かれるようになったのです。

秦氏がイスラエルの出自であり、しかも元来ユダヤ教の一派であった景教の影響を強く受けた民族であることの証しは、「新撰姓氏録」からも理解することができます。そこには秦氏が仁徳天皇より姓を賜った際の記述があり、「ハタ」の当て字として「秦」ではなく、「波多」と書かれています。つまり景教の「波多力」に由来する言葉がそのまま使われているのです。また、ヘブライ語で「ユダ族」を意味する「(ヤ)フダ」に「波多」(ハダ、ハタ)を当てたと考えることもできることから、王系一族の意味としての「波多力」と、ユダ族の血統である「(ヤ)フダ」、両方の言葉の意味を読み取ることができます。また、秦氏について「秦始皇帝の後なり」と記載されており、秦氏本系帳にある系図においても、秦始皇帝をはじめとして歴代の秦氏の名前が確認でき、秦氏は秦始皇帝の子孫であるという説の根拠とされています。その秦始皇帝の実父は呂不韋(リョフイ)と呼ばれ、ヘブライ語でその名前の意味を理解することができることからしても、ユダヤ系である可能性は高いようです。さらに、始皇帝の肖像画を見ても西アジア人特有の鷲鼻が際立ち、言い伝えでは「目は青く西洋人のようであった」ということからしても、秦始皇帝の先祖がイスラエル出身であった可能性は否定できません。

秦氏は、自らの氏寺である広隆寺だけでなく、全国各地に数多くの寺社を建立しました。全国で見かける八幡神社は、八幡様や八幡宮等を含めると、少なくとも1万社以上も存在し、稲荷神社と並んで日本人にとっては大変なじみの深い神社です。しかも秦氏の関連する地名や氏神の名前は、ヘブライ語で重要な宗教的意味合いを持っているものが少なくありません。秦氏の氏寺である広隆寺の境内近くには、「イスラエル」の国名に酷似する伊佐良井(イサライ)、「いさら井」と外枠の石に彫り込まれた古い井戸があります。その名称は景教の経典に書かれているイスラエルを意味する一賜楽業(イスライ)に酷似しており、同じくイスラエルを意味して命名されたのではないか思われます。秦氏の本拠地にある八坂神社の祇園信仰も、その「ギオン」という名前の語源は、イスラエルのZION(ズィオン)と考えられるのです。多くの儀式や祭りの数々が古代ヘブライ信仰に類似していることにも注目です。

日本文化の発展に多大なる貢献をもたらし、神を崇め祀る神社信仰のルーツを日本列島に築きあげた秦氏こそ、まぎれもなく神の選民であるイスラエル民族であり、その中でも生粋の王系、ユダ族のリーダーであったのです。王族の末裔である秦氏が、その卓越した大陸文化とイスラエルの遺産を携えながら長い年月を経て大陸を横断し、朝鮮半島を経由して日本へと辿り着いたのです。そして先祖代々の夢であるエルサレムの都の再建を目論み、満を持して日本の地において夢の実現に着手したのです。

もはや、秦氏の貢献をオブラートに包み隠す必要はありません。秦氏がイスラエル、ユダ族の出自であるとするならば、平安京に纏わる歴史の解釈が一変します。ダビデ王の末裔である秦氏が、大陸より渡来してエルサレム神殿をモデルにした平安京を築き、ユダ族の血統が秦氏らの介入により皇室に継承され、さらに律法に基づいて神宝の管理を含む宗教統制がレビ族の出自である阿刀氏系のイスラエル人を中心に執り行なわれたと解釈してみてはどうでしょうか。それは正に、ユダ族の王が君臨し、その神殿と神宝をレビ族が祭ったイスラエル王国の復元と言えます。調和と繊細な美を大切にする日本文化のルーツが秦氏にあるということは、神の選民の血が日本人のうちに息吹いていることを意味し、それは日本人の誇りなのです。