1. ホーム
  2. 日本のレイライン
  3. 古代日本の地勢観とレイライン
2014/08/05

古代日本のレイライン総合図

古代日本のレイライン総合図
古代日本のレイライン総合図

コメントする

コメント

  1. 高瀬 裕 より:

     伊能忠敬よりも前に日本地図を著した長久保赤水を知りました。
     伊能忠敬は長久保赤水の地図を参考に測量したようです。
     ふと思ったのですが、日本全国に網羅されたレイラインを元に、地図作製は可能なのか、気になってしまいました。

  2. fujita より:

    江戸時代、日本地図を最初に手掛け、功績を残した作者は森幸安ではないでしょうか。森は世界中から地図を収集し、それらを書き写しながら日本の地勢を見極め、それらをベースに日本地図の土台を作り、そこに経線や緯度線を記して「日本分野図」と呼ばれる日本列島の地図を作成しました。森幸安がどこまで自ら日本列島内の拠点を実測して、その緯度経度を確認したかは確認できていませんが、レイラインの交差点を特定するのと同じように、特定した場所の緯度と経度を確かめることにより、地図上の拠点をピンポイントで定めるというプロセスを踏まれていたのではないでしょうか。

    森幸安が公表した「日本分野図」をベースに、水戸藩に仕えた長久保赤水は、「日本輿地路程全図」を作成したと言われています。一般的には「日本輿地路程全図」が緯度経度線が含まれたはじめての日本地図と言われていますが、実際には「日本分野図」のデータを参考にした結果と言えます。

    いずれにしても、緯度線、経度線を見極めることは地図の作成において最重要課題であるだけでなく、レイラインの手法においても、同緯度線、同経度線に存在する拠点は重要な目印となることから、考え方には類似点が多々あると考えられます。

中島 尚彦

1957年東京生まれ。南カリフォルニア大学、ペンシルベニア大学ウォートン校、フラー神学大学院卒。音楽系ネット通販会社サウンドハウスの創業者。古代史と日本古来の歌、日ユ同祖論の研究に取り組むとともに、全国の霊峰を登山し、古代遺跡や磐座の調査に本腰を入れている。