おしらせ

2021/09/20

「嘉瀬の奴踊り」の囃子詞 ヘブライ語で読み解くメシアへの叫び の記事を更新しました。

2021/09/17

「囃子詞と民謡をヘブライ語で解読」の中に掲載されている全記事をアップデートしています。ヘブライ語の読み方、解釈をより分かりやすく解説しています。最終更新日を確認のうえ、参照してください。
囃子詞と民謡をヘブライ語で解読

2021/09/16

ヘブライ語で解明できる囃子詞の数々」の記事を更新しました。

2021/09/14

囃子詞に秘められたユダヤの影 日本とイスラエルを繋ぐ言葉の数々」の記事を更新しました。

2021/09/13

ヘブライ語で解明できる囃子詞の数々 「姉こもさ」の「ヤーエー」はヘブライ語?」の記事を更新しました。

2021/09/12

囃子詞に散見するヘブライ語 神への信仰の思いを表現した掛け声の意味」の記事を更新しました。

2021/09/11

ナニャドヤラのルーツはヘブライ語か! 東北民謡「ナニャドヤラ」をヘブライ語で読む」の記事を更新しました。

2021/09/09

応神天皇と八幡神社 ヘブライ語で読み解く八幡神の真相」の記事を更新しました。

2021/09/06

応神天皇を祝した大陸からの渡来者 伽耶と任那の背景に潜むイスラエル民族の存在」の記事を更新しました。

2021/09/02

古代日本では、日本書紀や古事記において、国生みの神々らが、天津神と国津神とよばれる2つの大きなグループに分けられました。その背景を探り、理解することにより、古代史の流れをよりわかりやすく理解できます。そのタスクにチャレンジし「天使神と国津神に分かれた理由」を書き下ろしました。是非、目を通してみてください。きっと何かがひらめくはずです。

古代の神々が天津神と国津神に分かれた理由 史実として浮かび上がる国生み物語