1. ホーム
2017/10/10

2017/10/10

8月末から10月初旬にかけて、「日本の霊峰」と呼ばれている高山を10か所、頂上まで登り詰めました。還暦を迎えるまでに霊峰を全部登山しようと思いたったのが今年の夏。その時点では、あと2か月弱しか残されていませんでした。それからというもの、天気図を眺めながら、青空になることさえ確認できれば無我夢中で頂上まで走ることにしました。そうなんです。山道を走るというのが自分のスタイルであり、その途中で写真を撮りながら、本当に素晴らしい体験を得ることができました。登頂に関わる秘話については、今後、「日本の霊峰」というシリーズにおいて執筆していく予定です。

中島尚彦

中島 尚彦

南カリフォルニア大学、ペンシルベニア大学ウォートン校、フラー神学大学院卒。音楽系ネット通販会社サウンドハウスの創業者。古代史と日本古来の歌、日ユ同祖論の研究に取り組むとともに、全国の霊峰を登山し、古代遺跡や磐座の調査に本腰を入れている。

筆者プロフィール Instagram Twitter