1. ホーム
2018/02/05

2018/02/05

仕事でロスアンジェルスからヨーロッパに向かう途中、5日間の隙間をぬって、インカ遺跡にあふれる待望の古都クスコと、憧れのマチュピチュを訪ねることができました。そこで目の当たりにしたインカ遺跡の中には、そのデザインと造りが与那国の海底遺跡に類似しているものが多々あるように思われました。当初、ふと気ままに「もしかしたら?」と想像しただけのことでしたが、自分の眼でそれらの共通点を確かめることができたことに感動を覚えました。よって、インカ遺跡に関する記事をまとめてから、「神宝の行方」の続編をリリースする予定です。

中島 尚彦

1957年東京生まれ。南カリフォルニア大学、ペンシルベニア大学ウォートン校、フラー神学大学院卒。音楽系ネット通販会社サウンドハウスの創業者。古代史と日本古来の歌、日ユ同祖論の研究に取り組むとともに、全国の霊峰を登山し、古代遺跡や磐座の調査に本腰を入れている。