著者プロフィール

中島尚彦(リックナカジマ)代表

東京都出身。15歳でアメリカにテニス留学。10代よりギタリストとしてバンドデビュー。南カリフォルニア大学(USC)卒、ペンシルベニア大ウォートン校(MBA)卒、トリニティー神学大学院にてヘブライ語とギリシャ語を習得。フラー神学大学院卒。企業家、アスリート、ミュージシャン、古代史研究家という4つの顔を持つ。

1986年、キリスト教会の牧会を務めるかたわら、アメリカで不動産デベロッパー会社、Harvest Land Management社を起業。多くのユダヤ系実業家と出会い、ユダヤ教に触れる。帰国後、1993年にサウンドハウスを創業。著名ブランド品の正規輸入代理店と直輸入品販売を同時に手掛けて直販するという新しいビジネスモデルを確立。音楽業界のプライスリーダーとして一躍認知される。その後、サウンドハウスは業界最大手のネット通販会社にまで躍進。

2001年、月刊地域新聞、日本シティージャーナルを発刊。20年以上にわたり主幹ライターして古代史の記事を連載中。自らの足で全国の神社や遺跡、霊峰を渡り歩き、各地の最高峰を制覇。古代史についての講演会も多数主催。2010年より「日本とユダヤのハーモニー」の連載をスタート。日ユ同祖論の権威であるイスラエル政府の教育アドバイザーであるアビグドール・シャハン教授の指導を受けながら、日本語のヘブライ・ルーツに関する研究を進める。

中島尚彦

2021年現在、グループ企業の経営指導に携わるかたわら、古代史の研究に取り組み続け、historyjp.comにその研究成果を連載中。日本のルーツ解明と精神的復興をライフワークとする。

役職(2021年6月)

  • 株式会社ハウスホールディングス代表取締役
  • 株式会社サウンドハウス代表取締役会長
  • 日本シティージャーナル主幹
  • 神戸平和研究会 理事

学歴

  • University of Southern California、Bachelor of Science
  • University of Pennsylvania, Wharton School, Master of Business Administration
  • Trinity Evangelical Divinity School
  • Fuller Theological Seminary, Master of Divinity
  • University of Southern California, Graduate School of Business

賞罰

  • 紺綬紋章 受賞4回(平成20年、21年、令和元年)
  • 日本赤十字社 社資功労 受賞3回

メディア情報発信

メールアドレス

[email protected]